So-net無料ブログ作成

チョットいっぷく! 人間は学び続けるのだ [宇宙の人]

スポンサーリンク


書籍、「21世紀人になるために」から、一部抜粋させて頂いております。
詳しくは、FUJI日本ホームページをおすすめ致します。

宇宙仙人クリエは、どうしょうもない地球人ふたりに、人間とは何か霊的理解を深めレッスンを続ける、というお話です。
今回のお話の中で、クリエさんは非常に大切な事を教育しています。

クリエさんとは実在している宇宙の人で、実際私も数回チャネリングでお話しています。

21世紀人になるために 第一部 参照

宇宙人:クリエ
地球人:江古 武
地球人:三重春代

仙 ところで、君は死後の世界を信じるかね?
  死んだらどうなると思うかね?

春 え? 死んだら、焼かれて灰になって、お墓に入ってそれでオシマイ。
  だから、早く金持ちのイイ男見つけて、うんとシアワセな人生送んなきゃ!

仙 残念ながら、その夢は実現しない、と言っておこう。

春 ど、どーして? 
  あ、宇宙人だから、超能力で未来なんて簡単に判るのね。

  お願い、教えて!

2719963820_e6a48caae5.jpg
Photo credit:ask you / s-t-r-a-n-g-e


 レッスン8 人生は意識進化の旅の学びじゃ

 
仙 まったく短絡的じゃのう。
  別に未来など見んでも、今の君から簡単に予測がつくんじゃよ。
  だいたいそんな男が今、君のまわりにおるのかね?

春 ・・・職場ねぇ。
  どいつもこいつもろくなもんじゃないワ。
  でも、いつかどこかで、赤い糸で結ばれたステキなヒトと運命的出会いをするの。

仙 ついさっきまで、あの世などないようなことを言っておったくせに、ムジュンしておるではないか・・・ご都合主義な奴め。

春 そんなことより、早くアタシの未来、教えて下さい!

仙 未来は現在という一瞬の延長上にあるんじゃ。
  忘れたのかね、現状も把握できん者に明るい未来なぞ無い、という話。
  まず、まわりを見なさい。
  君はスタイルも顔も悪くないし、ファッションにもこだわっておるから、結構男が集まってくるではないか。
  なぜ、すてきな男にめぐり会えないのかね?

春 だって、ノリの軽い奴ばっかだし。
  こんな三流企業の社員じゃねぇ・・・

仙 そこじゃ!
  君は自分と同じく、相手の見掛けにも相当こだわっておる。
  その結果、まわりにも同類を引き付けておるだけのことなんじゃ。
  ワカルカネ?

春 ???

仙 外見を磨くため、給料はたいてフィットネスクラブにエステ通いじゃ。
  涙ぐましいのう。
  で、結果はどうじゃ? 
  君の外見に惚れた男たちがそれなりに集まっておる。
  思いは通じておるではないか。
  もちろん、君の中身など二の次の連中だから、心から君が満たされることは決してない。

春 そうなんですよぉ。
  まったく底の浅い男たちばっかり。

仙 その軽蔑すべき彼らこそ、「君が真に望んだもの」だと言っておるんじゃあーっ!
  ついでだから教えよう。
  実は、君は前世で二枚目の金持ち男と結婚し、ゼータク三昧じゃった。

6806352845_c8eb356a96.jpg
Photo credit:Luxury Liqueur / 75749011@N07

春 うそ? 
  じゃあ、「夢よもう一度」ってわけには・・・

仙 夢の生活のはずがトラブル続きの上、結局不幸な離婚に至ったんじゃよ。

春 じゃあ、今生の私はシアワセになれないの?
  「前世の失敗は今生に報いがくる」とかいう、カルマってやつのおかげで・・・

仙 それはウソじゃ。カルマなんてものは無い。
  人生はすべて学びじゃよ。
  善も悪もない。その報いもない。
  ・・・しかし君もムジュンの多い奴じゃのう。
  前世など信じないくせに、カルマなんて言葉は知っているんじゃからの。

春 ・・・で結局、アタシの夢、実現しないんですか?

仙 そうは言っておらん。
  その前に、「人は見掛けではない」という学びが、君には必要なんじゃ。
  そのための周到な準備・計画の末、今回生まれてきた。
  学びに最適な環境をすべて自分自身で選んだのじゃ。

春 もしかして、誰を親にするかも自分で選んだの?

仙 そのとおりじゃ。
  だから「何で自分を生んだの?」とか「生まれたくなかったのに親が勝手に生んだ」とかいうセリフは勘違いもはなはだしいんじゃ。
  環境に不満の多い君には、信じられんじゃろうね?

春 ビンボーな会社と、パッとしない男たちも、アタシが選んだ結果なんですね?

仙 そうじゃ。
  自分の人生、よ~く振り返ってみなさい。
  挫折、不快な経験のほとんどは、自分や相手の「見掛け」にこだわったのが原因だったはずじゃ。
  毎度毎度、しょーこりもなく繰り返しておるようじゃのう。

春 ・・・(無言)

仙 人間は意識を進化させるために、何度も生まれ変わり、学び続けるんじゃ。
  楽しいこともあれば辛いこともある。

春 宇宙人は別なんでしょ?

仙 わしらとて例外ではない。
  ただ、困難な問題に出くわしたとしても、それはその人間の学びのためには必要なことである、とわしらは認識しておる。
  これを全力あげてクリアすると、すばらしい展望が開けてくるのじゃ。
  ところが君たち地球人は、困難に出会うと逃げようとし、人のせいにするんじゃな。

2524306151_0e9334aaa9.jpg
Photo credit:Online Fraud / 23905174@N00

春 そんなこと言うけど、サギや傷害事件に巻込まれて、「学びのために必要だった」なんてノンキに構えろって言う方がムリよ。

仙 逆じゃよ。
  学びのために必要でなければそんな目にあうことはないんじゃよ。
  いいかね、地球上の「悪」はすべて必要悪なんじゃ。
  その、一見「悪」の現実を体験することによって、君たちは自分の考え方のおかしな点を学んでいるんじゃ。

春 じゃあ、サギや人殺しもすべて必要だって言うの?

仙 その通り!
  状況にもよるが、それだけ極端な経験・体験がなければ学ぶことがおぼつかないほど、自分の意識が麻痺していた、と言えるかね。
  詐欺にあうことによって、その人は「所有欲からオイシイ話に乗ってしまった」自分の未熟さを学んだはずじゃ。
  本当にオイシイ話なら、わざわざ他人に教えるかね?
  全部自分でやって利益を独り占めするくらいのこと、冷静に考えたらわかるはずじゃ。

春 ふーん・・・ってことは、「苦労に耐える」しかないのね。
  なんだかひと昔前の、根性モノのスポーツ漫画みたい。

仙 何も進んで苦しい思いをしなさい、とは言っておらん。
  このレッスンはむしろ無駄な苦労を少なくするためのものじゃ。
  ただ、学ぶべきことから逃げてはいかんと言っておるだけじゃ。
  君たちはそれを棚上げにしておるから、その場しのぎはできても、クリアできるまで何度でも似たような困難を体験することになるんじゃよ。

春 ・・・何だか、人生に夢も希望もなくなってきました。

仙 そうじゃ、そこじゃ! 
  だから、近道できるようレッスンしておるんじゃろうが。
  君、これからも苦労したいのかね? 辛い目にあいたいかね?

春 ぜったいイヤ!

仙 だったら真剣にやらんか!

                                                                                      ー To be continued ー



解説

Q 輪廻転生や天国・地獄は本当にあるのですか?

前世や輪廻転生を話題にする前に、皆さんは死後の世界を信じているでしょうか? 
見えない世界のことですから、実感が湧かないという答えが返ってきても、仕方ない面があります。

私たちからは確実に死後の世界はあると言っておきましょう。

日本にはお盆という風習があります。
国民のほとんどが休暇を取り、帰省ラッシュにうんざりしながらも、毎年この行事を繰り返しています。

死後の世界など まったくないとすれば、このような風習はすでにすたれて無くなっているはずです。
さまざまな習慣や風習が続いているのは、意識の深いところでは皆、「知っ ている」からなのです・・・そう感じませんか?

人間の意識の進化の基本は「自分自身を知る」ことです。生と死のサイクルを無限に近いほど繰り返して意識の進化をしていくのです・・・つまりあなたは無機物として生を受けてから今まで、何千回、何万回と生死を繰り返してきています。

信じられますか?

21658655696_26a153dcb2.jpg
Photo credit:after death / -23

この無限、永遠の営みから見た場合、今回の人生は、学びの一コマにすぎません。今生で学習できなかったものは来世に持ち越すまでのことです。

仏教で言うカルマ(業)は、もともと存在しません。
今あなたを悩ませているさまざまな問題やトラブルは、前世からの持ち越し分の可能性がありますよ、というだけのことです。
 
また、罪も罰も、天国も地獄も、そして善悪も、人間が勝手に考え出し、定義したものです。
説明を簡単にするための方便です。

人が死ぬと、その意識体 (霊)はその人間の意識の状態に従って、あの世における「それ相応の世界」に落ち着き、その生の整理・評価をして次の転生の準備をするのです。



Q 人生上の困難は何のために起こるのですか?

今ここに無差別殺人を犯した人がいたとします。
あなたの心の中は、怒りと正義感に満ちあふれ、この人に裁きを下したいことでしょう。

しかし、果てしない生まれ変わりの中で、殺人を犯したことのない人がどれだけいるでしょうか。
この殺人犯を野放しにしていい、殺人行為を肯定しろ、と言っているのではありません。殺す方も、殺される方も、必然があって学んでいる、ということです。

人生の中で何かのトラブルに巻込まれた時、あなたは、自分を一方的な被害者であるとみなしますが、実はすべて、あなた自身が自分で計画してやっているこ となのです。

災難やトラブルは突然天から振ってくるものではありません。自分の深いところでそれを引き付けているのですが、気づいていないだけなのです。

皆さんは被害者意識で一杯です。
その思いは・・・
 
 いつどんな災難に遭うかわからない、一寸先は闇
 ↓
 自分の周囲は常に外敵と危険で一杯
 ↓
 過剰防衛↓保険、貯金、武装・軍備・・・
 
このような図式で現実化しているのです。
私たちの認識によれば、自分の学びに必要なければ、トラブルに遭うこともないわけですから、淡々と目の前に起こる現実を受け入れていけばよいだけなのです。

2889103451_3be2161bdc.jpg
Photo credit:Hope_in_a_better_future / leader_maximo

Q では「困難」に出会った時、どうすればいいのですか? 
  例えば今の会社に不満がある場合、やはり自分に原因ありと見るのですか?

トラブルに遭った時、どう解釈し、どう対応すれば良いのでしょうか?
「へぇー、自分にもこんな問題を設定する能力があるんだ! すごいじゃないか! 

よし、何とか自分自身の力で解決してやろう。
この問題から逃げないぞ!」

・・・このように自分自身を励まし、肯定してみましょう。そもそも自分で解決不能の問題など、設定するはずがないのですから。

「すべては自分である」と考える姿勢が大切です。
あらゆる現実、現象を「自分の意志で、必要があって引き付けた」と解釈して欲しいのです。

そうしないと、あなたは何度生まれ変わっても、いつまでも同じテーマを突き付けられる「悪循環」を繰り返すことになりますよ。


学ぶべきテーマを棚上げにして今の会社を辞め、別の会社に再就職したような場合、「再び前の会社と同じ現実に出くわす」確率は高いでしょう。

この宇宙に は「何をやっても自由」「制限はない」という法則があります。
ただし、「自分の行為、行動の結果を、最後まで見届けねばならない」という法則もあります。

脱サラして自分で仕事を始めた人が失敗するパターンは、ほとんどがこの「不満型」です。
会社に不満を言う時、「元々は自分自身がその会社を選んだ」とい う事実は、たいていの場合、あなたの頭から消えています。

その選択の結果からあなたが学ばない限り、いつまでも同じ問題に突き当たるという悪循環を繰り返 すことになります。

6807654905_c3dca34fe7.jpg
Photo credit:Preparation / isherwoodchris

この世の現実は、あなたという意識体の学びと体験のために用意されています。

自分にとって「都合がいい/悪い」「利益になる/ならない」といった片寄った発想を捨て、「都合の悪い現実も自分に必要があってやってきたものだ」と自分に言い聞かせる必要があります。



Q もし、身内が殺されたとしても、それを受入れるのですか?

殺人事件も、必要があって起こります。
被害者と加害者双方で学びがあるのです。

被害者は、自分で三次元世界を経験する期間を決めている場合がほとんどです。

「やり残したことがいっぱいあるだろうに」「かわいそうに」という周囲の人の思いは、死者への思いやりではなく、自分の心を死者に投影した結果にすぎません。

たとえその人が悲劇的に早死にしたとしても、「この世」での学びの目的は予定どおり終了していますので、本人の意識体(=霊)は別に後悔などしていない のです。

むしろ残された家族にとって、身内の死をどう受け止めるか、という学びがあるのです。
また、死者の方が残った者を心配することもたびたびあります。

ただし、絶望や苦痛から自殺した場合は別です。
自分で設定した学習期間を途中放棄したわけですから、その分、次の生での学びはハードなものになります。

一方、加害者は、自分の行為や行動がどんな影響を他人に与えたかを学びたくてやっています。
当然、裁判にかけられ、監獄行きとなります。拘束されなかっ たとしても,一生重荷を背負うことでしょう。

いずれにせよ、その束縛された時間の中で、自分の意識の未熟な点を学ぶわけです。
親や環境が悪かったからこう なった、と責任転嫁する人が多いのですが、同じような環境に生まれても、道理をわきまえ、自立して立派にやっている人はたくさんいますね。

現実に対する解釈の違いです。
逆境を生きるバネにするか、被害者意識でとらえるかの違いです。

自分とその周りを見直す時、「自分の現実は自分から生まれたのだ」という視点をどうか忘れないで下さい。
今ある現実に逆らっても何にもなりません。ますます自分を苦しくするだけです。

「宇宙には、無駄はひとつもない」のですから。

/////////////////////////

人は死んだらどうなるのか。

セムヤーゼのお話や仏教、または色んな方のお話など聞いて、何となくですがイメージ的なものが分かってきた。
それらが実際あるのかどうかは別として…。

やはり、自分の目で見ないと分からないですよ。

なぜなら、生きながらあの世を行き来している人はいないのだから。
一度死んでしまえば、同じ体に戻る事は出来ない。

18538555530_d3c78787b1.jpg
Photo credit:Astral Projection / kbetty

確かに臨死体験などで、あの世をさまよって戻った人はいるようですが、肉体と魂(意識体)は何らかによってつながっていると言います。

なので、魂(意識体)が完全に肉体から切り離されてしまえば、もとの体には戻れない。

以前書いた記事。

  記事:死んだらどうなるの? どこ行くの?

この様に三途の川を渡った時点で、完全に肉体と魂が切れてこの世に戻れなくなるのでしょう。
あくまで私の想像もありますので、鵜呑みになさらずにお願いします。


しかし問題は、そのあとですよね。
そう、三途の川を渡った後…。
もう戻れなくなった後のことです。

どこに行くのか。

ふー。

この本の解説では、「 人が死ぬと、その意識体 (霊)はその人間の意識の状態に従って、あの世における「それ相応の世界」に落ち着き、その生の整理・評価をして次の転生の準備をするのです。 」

とあります。
具体的にこんなところです、とは書いていません。

セムヤーゼも同じく死後の世界はあるが、借りた資料の中に場所的なものは書かれていません。

しかし、仏教や宗教では六道輪廻の世界があると言います。
お釈迦様が説いた六道輪廻ですが、以前に少しふれました。

 記事:輪廻転生とは その意味を知る!

天界、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄の六つ世界です。
生前その人がこの世でやってきた行いを閻魔大王が裁き、どこへ送るのか決めるというもの。

これは前回の記事:驚愕の真実です! 人間は進化するため今いるのです 

で書いた様に裁くという点は同じですが、チョット違う。
そう、弁護士と検察官が居ないという点。


閻魔大王が裁いた場合チョットこわい。
というより、かなり怖い!

強制的に有無を言わさず「どこどこへ行け」と言われるのが想像できます。
その世界では絶対的な権限と霊力、力があるわけです。

閻魔大王の前では、人間は逆らう事などまったく出来ない。
霊力が支配している世界では人間は「されるがまま」でしょう。

483620386_6fcd9b1c30.jpg
Photo credit:Nakayama-dera Temple / hyougushi

かなり昔、私が子供のころにお坊さんから聞いた説教のひとつです。
お話は子供ながらに強烈だったのか、いまだに残っています。

その世界ではあくまで霊力なので、その人間がしてきた行ないの評価とは、一つの重さ的なものがある。
例えば、一つの良くない行ないをするたびに、垢(あか)が付きそれが積もり積もって重たくなるというのです。

もちろん体重の事じゃありませんよ。
霊的重さです。

天国にも地獄にもレベルがあって、そのおもり(垢)によって死後、行くべきところが決まるという。
要はこの世で、天の法則にそぐわない行ないばかりしてきた者は、垢の重さでどんどん落ちて行くということです。

当然最下位は地獄の中でも一番、もっとも厳しいところでしょう。
どこで止まるのか、どこまで落ちるのかは分からない。
重さ次第です。

非常におそろしい、地が見えない奈落の底です。
なので、誰が決めるという次元ではなく、自分がしてきた行ないがその世界の霊力によって現され、その人に適したところで止まるのです。

誰のせいでもない。
あくまで自分がこの世でしてきた行ないです。


この様に、色んな説がある「死んだらどうなる、どこに行くの」ですが…。
未だに検索で、そのキーワードが出ています。

死んだ後の事を心配するのは、「いま」にいるのではなく、それこそ未来に行っているということです。
未来がどうなのか分からない未来の事を「いま」心配しているのですよ。

「いま」という貴重な瞬間を、未来の事に使っている。
非常にもったいないことです。

なので、この記事を読みましょう。

  記事:気付きなさい! でも何に?

お話はこの辺で。

続きは次回に

※記事中の<Kさん>のお話、あるいは書物などの転載内容は、ほんの一部分です。
興味のある方、詳しく知りたい方は、FUJI日本のホームページをおすすめ致します。


--------------------

「不安・恐怖」により、ついつい悩んでしまいエゴに左右されていた自分を「想念観察・感謝瞑想」によって不安・恐怖が存在できない「いま」に集中できる事を教えていただいた○○様、そして「FUJI日本」のグループ並びに、ご担当者様に深く感謝いたします。

想念観察を広めるグループ!FUJI日本



一人でも多くこの記事を知ってほしいので、よろしくお願い致します。
いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク


よく読まれている記事

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 天と創造の法則 罪と罰ではないのです!
また一人退院されていきました。先生と看護師さん、お世話した方たちがお見送りに参列します。私は、裏方の立場なので、かげで見送りました。病院のお話に、よく「霊が出る」と聞きます。しかし、この病院にはそのようなお話は全くありません。なぜなら、ここは◯◯◯◯病棟があるからです。患者のみなさんは…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 輪廻転生とは その意味を知る!
以前からご紹介している、マイヤ氏が宇宙人セムヤーゼに教えられた、第一段階から四九段階まである人間の進化段階のお話です。もしかしたら、あなたは今回で500回生まれ変わったのかも知れない。私は、700回かも知れません。これとは別に、仏教には六道輪廻という世界があります。天界、人間、修羅、畜…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 金星の現在位置の謎
575.5年の公転周期によって破壊者は何度もこの太陽系に近づき様々な影響を与えた。前回お話した金星についても、破壊者が来るたびその軌道を変えられていたのです。しかしセムヤーゼのお話では、金星は3583年前に破壊者が現れなくても確実にゆっくりと地球に近づいたと言って…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg ハイヤーセルフからのメッセージ
信じてくれる人だけ信じてもらえたら良いです。 私の不思議ファイルです。チョット長いですが、お付き合い下さい。4月8日のブログにしるし(道しるべ)を付けました。その時に「合点があったらお話します」と言いました。実は昨日、その意味がはっきり分かったのです。それは何なのか、お話した…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 死んだらどうなるの? どこ行くの?
基本的に私たちが死んだら、俗にあの世という霊界に行きますよね。これは誰でも分かっていることです。私は行ったことがありませんが、テレビでも良く特集してます。私が色んな人からお話を聞いて、まとめた霊界をチョットお話したいと思います。でも、真実かどうかは分かりませんし、妄想も少し入ってい…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 3人目の宇宙人セムヤーゼ
あなたはこのお話、信じられますか?−セムヤーゼとの出会い−宇宙人アスコットの予言通り、1975年にマイヤは3人目の宇宙人と出会う事になります。1月28日その日マイヤはテレパシーで誘われるかのように外へ飛び出し、車で1時間も離れた場所でUFOと遭遇した。UFOは急降下を始め、音も振動もなく…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 宇宙人とのコンタクト1
あなたは信じられるでしょうか。宇宙には、私たちの住んでいる太陽系と同じような太陽系が沢山あるということ。そして、その中で私たちと同じ形、要するに人間型(ヒューマノイド型)の知的生命体も数多く存在しているということ。太陽系の事が良く分からない方の為に簡単に説明します。太陽系とは:私たちが…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 天照大神 様 プレアデスの影響 衝撃です!!
天照大神 様のメッセージを読んで、なぜ地球人とプレアデス人が密接な関係があるのか、またどうしてプレアデス人がそこまで地球を見守り続けているのか、謎が解け始めてきました。天照大神 様が仰います。-天照大神- (あまてらすおおみかみ)この地球の本来の価値に付いて話そう。何故地球という…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 2015 次元上昇の症状とは、そのサインはあるの?
明けましておめでとうございます。昨年4月から始めたこのブログ。文章も下手くそで、同じ様な記事を何度も書いているような気がします。はたして、来ていただいた方にちゃんと、分かってもらえているんだろうか。私のお話を、すべてではなくとも、ある程度心に残ってもらえているんだろうか。などと気になって…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg ビックリです! 宇宙の仕組みです
はじめに、ブログを読まれている皆さんに一部、真実ではないことを伝えていました。何かと申しますと、記事:次元上昇のカギ、それは「愛」ですで、お話ししたこの一言です。「個人的な考えですが、私としてはアセンション、次元上昇に関しては宇宙の人が直接手をくだしたり、手助けをしたりはしないと思いま…
Photo credit:emotions / spiritual_marketplace

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。