So-net無料ブログ作成
検索選択

チョット怖い話 私の体験、実話です [スピリチュアル]

スポンサーリンク


8月7日

暑いですね!
さすがにお盆の時期ともなれば、ここ北海道でも厳しい暑さがやって来ます。

体もだるいです。
でも、本州の人たちからみれば序の口なんでしょうね。

暑い暑いと言ってもお盆が過ぎれば、一雨毎に涼しくなってきますのでね。

4701501562_d8bd21faee.jpg
Photo credit:Ghosts / alisonelizabethx

毎年ながらTVでもこの時期、怖い番組を放送してきます。
霊に対して、どうこう言うつもりはありませんが、遊び半分で肝試しとか検証などしない方が良いと思います。

以前にもお話したと思いますが、地縛霊や悪霊などは想念の塊がその場所に留まっていると言います。
生前、やり残した非常に強い思いや、恨み妬みなどが塊となってそこに浮遊しているのです。

単なる霊ではないのです。

私も地縛霊や悪霊などの悪い霊ではありませんが、浮遊していた想念に影響をうけ、非常に落ち込んだ体験がありました。
なので、十分気を付けてほしいと思います。

 

という事でチョット怖いお話をひとつ。

私のバンドメンバーのベース(Y)が4〜5年くらい前に体験したお話です。
その頃、私も同じ会社に勤めていたので、状況はハッキリ分かりますし彼の状態もただ事ではないと覚えています。

私が消防設備点検の仕事をしていた頃で、彼も同じ会社で工事の方をしていました。

ある病院の依頼で設備の不具合のため、工事をすることになったのです。
その病院には一箇所、非常に不可解な場所があるというのです。

単なる廊下ですが、病院中では皆もが知っている、そして誰も通りたくない廊下でした。
暗く人通りが少ない廊下の奥で、丁度、防火扉を通り過ぎたあたりです。

霊感のある人が、その箇所を通過すると寒気が走り、何ともイヤな気持ちになるそうです。

しかし、そこを通り過ぎなければ、現場へ行けないので、行くしかないのです。
何も知らない、そして霊感など無い彼らは 、当然、平然と通り過ぎます。

2306708462_54658aee73.jpg
Photo credit:corridor / art_star

仕事中、徐々に彼の様子が変わっていきます。
顔から血の気が引き、異常なだるさと重苦しさがあると言うのです。

なんとか仕事を終え、会社で彼と会った時はいつもの明るい状態ではなく、別人の様な暗く疲れきった状態でした。
話を聞くと、やはりその廊下を通ったあとから気分が悪くなったとのことでした。

いつも見ている私の目から、異常に血の気のない真っ青な顔色がハッキリと分かります。
その後病院へ行ったが、どこも異常はなく、単なる疲れではとのことでしたが状態は良くはなりませんでした。

3日くらい経っても良くならず、しかも病院のそのうわさ話もあったので、近くの霊媒師に行ったのです。

やはり、いました。
肩に、3体取り憑いていたということです。

その後除霊をしてもらい、普段の彼にすぐ戻ったのです。

 

もうひとつ、

チョット怖い話。

今度は、私とバンドメンバーのドラム(H)とやはり、ある病院での出来事です。
彼と私は、やはり同じ会社で、消防設備の点検をしていました。

小規模の結構古い2階建ての病院で、2階は入院病棟になっていますが、点検当時、2階は閉鎖されて使われていない状態でした。
届出によっては、使われていないくても設備がある以上、点検する必要があるのです。

って事で、

彼(H)とで病院中をくまなく廻ります。
最初は1階から、受付事務室、待合室、診察室、処置室、レントゲン室、医局と順に廻り裏方の方へ進みます。

最初にことわっておきますが、病院は休診日で病院関係者が一人来てもらって鍵を貰い受けました。
その方は病院事務室で仕事をしているので、終わったら来て下さいとのことで、その部屋に閉じこもりっきりです。

通常、部屋へ入る時は誰も居ないと分かっていても、礼儀上ノックをし「失礼します」と声を掛けて入ります。

15690535491_618cc6d25d.jpg
Photo credit:zombie apocalypse / 29233640@N07

私たちは順調に点検を進めていきます。
そこで、イヤなものを発見してしまいました。

…。

盛り塩です。

病院裏方、 暗く狭い通路にひとつ、そして調理場に向かう休憩室の手前にひとつありました。
非常に高く、先をとんがらせ存在感たっぷりです。

盛り塩があるということは…。
確かに、そこら辺を清めるためにあるのだと思いますが、何のため?

答えはひとつ。

出るかも知れないということです。

異常に先をとんがらせた盛り塩の存在は、ある意味、私達に強〜く圧力をかけてきます。
私達はそそくさと点検をし、そこを離れました。

 

今度は階段を上がり、2階です。

2階に上がるとそこは、もはや別世界に感じました。
まるで、廃墟です。

廃墟とまでは、いかないにしても、それに近い状態でした。
廃品や医療器具などが散乱して、早くこの場から去りたい感じです。

盛り塩の記憶がなくても、非常に気持ち悪い雰囲気がただよっています。
しかし私達は、たった今、現に盛り塩を見てしまった。

なので、出るかも知れない怖さと戦いながら、部屋を一つづつ廻っていくハメになったのです。

とにかく、さっさと済ませようと詰所、汚物室、保管庫と廻り、病室へ進んで行きます。
感知器が発報するまでの時間が非常に長〜く感じる…。

そして、出るならここだよな〜と思いつつ病室に入ります。

7702537_7b38daa2ba.jpg
Photo credit:Dark corridor / duncan

幸いにも何事もなく、無事に終わらせました。

ふ〜。

一安心、階段を降り1階へ戻ります。
…。

上がるとき気付きませんでしたが、階段の踊り場の窓に、一本刺しの生花が飾られていました。
しかも、まだ枯れておらず、生けたばかりで新鮮に見える。

2階は廃墟と化しているのに何故こんな所に?
何のため?

そう考えた瞬間、花びらが落ちました。
見た瞬間落ちたのです。

普段では何ともない事ですが、その場の雰囲気に恐怖を覚えました。
いかにも、「ここに居るから気付いて」と言わんばかりに落ちたのです。

 

しかし、本当の恐怖はこれからでした。
急いで階段を降り、書類を再確認。

…やり残しがありました。
清掃控室です。

そこは盛り塩があった通路の調理場休憩室の、そのまた奥の部屋。
盛り塩で気を取られ、その先を確認せず引き返してしまったのだ。

行きたくないが、しかたがない。
彼(H)と、ニコイチで清掃控室へ挑みます。

気持ち悪い〜。
暗く狭い通路を通って奥へ進んで行きます。

盛り塩は…、もちろんそこにありました。
調理場横の休憩室前にも…健在です…。(汗)

そしてその奥、清掃控室前には無い。
ふ〜、なんとなく安心。

一応、誰も居ないと分かっていてもノックをし「失礼します」と言って、中に入ろうとした途端!!

…「どうぞ〜」

…。

445790521_e30472daf0.jpg
Photo credit:frightening / chellebella

一目散に逃げました。

もちろん、二人でその声を聞いたのは言うまでもありません。
弱々しく、か細い声でした。

 

確実に分かっていることは、

今日は休診日であり、私たちの点検の為に病院関係者が一人で来て鍵を開けてもらったということ。
そして、その方は事務室に閉じこもり、私達が点検中ひたすら自分の仕事をしていた。

もちろん、その間だれも出入りしていないし会ってもいない。
なぜなら、受信機が受付横の壁にあり、受信機担当者は常にカウンター越しに玄関を見ているからです。

職員玄関も正面玄関の横にあり、人の出入りが分かるのです。

病院内は終始、消灯していて私達も誰も会っていないし、居る気配もない。
要するに、病院内は暗くシーンと静まり返ったままなのです。

第一、病院が休診日であれば、通常清掃しないでしょう。
入院患者が居れば別だが誰も居ないのだから…。

シーンと静まり返った病院で、電気も付けず薄暗い中、清掃員が黙々と清掃をしていたら逆に怖い。

 

最初のお話にあった通り、遊び半分で肝試しや検証は憑依される危険性があるので要注意ですね。
ということで、チョット怖いお話でした。

前に書いた、私の中では最大に怖かったお話はこちら。

  記事:過去において最大の恐怖体験でした

 

続きは次回に

※記事中の<Kさん>のお話、あるいは書物などの転載内容は、ほんの一部分です。
興味のある方、詳しく知りたい方は、FUJI日本のホームページをおすすめ致します。


--------------------

「不安・恐怖」により、ついつい悩んでしまいエゴに左右されていた自分を「想念観察・感謝瞑想」によって不安・恐怖が存在できない「いま」に集中できる事を教えていただいた○○様、そして「FUJI日本」のグループ並びに、ご担当者様に深く感謝いたします。

想念観察を広めるグループ!FUJI日本



一人でも多くこの記事を知ってほしいので、よろしくお願い致します。
いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク


よく読まれている記事

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 天と創造の法則 罪と罰ではないのです!
また一人退院されていきました。先生と看護師さん、お世話した方たちがお見送りに参列します。私は、裏方の立場なので、かげで見送りました。病院のお話に、よく「霊が出る」と聞きます。しかし、この病院にはそのようなお話は全くありません。なぜなら、ここは◯◯◯◯病棟があるからです。患者のみなさんは…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 輪廻転生とは その意味を知る!
以前からご紹介している、マイヤ氏が宇宙人セムヤーゼに教えられた、第一段階から四九段階まである人間の進化段階のお話です。もしかしたら、あなたは今回で500回生まれ変わったのかも知れない。私は、700回かも知れません。これとは別に、仏教には六道輪廻という世界があります。天界、人間、修羅、畜…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 金星の現在位置の謎
575.5年の公転周期によって破壊者は何度もこの太陽系に近づき様々な影響を与えた。前回お話した金星についても、破壊者が来るたびその軌道を変えられていたのです。しかしセムヤーゼのお話では、金星は3583年前に破壊者が現れなくても確実にゆっくりと地球に近づいたと言って…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg ハイヤーセルフからのメッセージ
信じてくれる人だけ信じてもらえたら良いです。 私の不思議ファイルです。チョット長いですが、お付き合い下さい。4月8日のブログにしるし(道しるべ)を付けました。その時に「合点があったらお話します」と言いました。実は昨日、その意味がはっきり分かったのです。それは何なのか、お話した…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 死んだらどうなるの? どこ行くの?
基本的に私たちが死んだら、俗にあの世という霊界に行きますよね。これは誰でも分かっていることです。私は行ったことがありませんが、テレビでも良く特集してます。私が色んな人からお話を聞いて、まとめた霊界をチョットお話したいと思います。でも、真実かどうかは分かりませんし、妄想も少し入ってい…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 3人目の宇宙人セムヤーゼ
あなたはこのお話、信じられますか?−セムヤーゼとの出会い−宇宙人アスコットの予言通り、1975年にマイヤは3人目の宇宙人と出会う事になります。1月28日その日マイヤはテレパシーで誘われるかのように外へ飛び出し、車で1時間も離れた場所でUFOと遭遇した。UFOは急降下を始め、音も振動もなく…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 宇宙人とのコンタクト1
あなたは信じられるでしょうか。宇宙には、私たちの住んでいる太陽系と同じような太陽系が沢山あるということ。そして、その中で私たちと同じ形、要するに人間型(ヒューマノイド型)の知的生命体も数多く存在しているということ。太陽系の事が良く分からない方の為に簡単に説明します。太陽系とは:私たちが…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 天照大神 様 プレアデスの影響 衝撃です!!
天照大神 様のメッセージを読んで、なぜ地球人とプレアデス人が密接な関係があるのか、またどうしてプレアデス人がそこまで地球を見守り続けているのか、謎が解け始めてきました。天照大神 様が仰います。-天照大神- (あまてらすおおみかみ)この地球の本来の価値に付いて話そう。何故地球という…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 2015 次元上昇の症状とは、そのサインはあるの?
明けましておめでとうございます。昨年4月から始めたこのブログ。文章も下手くそで、同じ様な記事を何度も書いているような気がします。はたして、来ていただいた方にちゃんと、分かってもらえているんだろうか。私のお話を、すべてではなくとも、ある程度心に残ってもらえているんだろうか。などと気になって…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg ビックリです! 宇宙の仕組みです
はじめに、ブログを読まれている皆さんに一部、真実ではないことを伝えていました。何かと申しますと、記事:次元上昇のカギ、それは「愛」ですで、お話ししたこの一言です。「個人的な考えですが、私としてはアセンション、次元上昇に関しては宇宙の人が直接手をくだしたり、手助けをしたりはしないと思いま…
Photo credit:emotions / spiritual_marketplace

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。