So-net無料ブログ作成

運命と宿命って 何が、どう違うの? [スピリチュアル]

スポンサーリンク


2月18日

今日もまた一人、この病院から退院されていきました。
そしてその1時間後、入れ代わる様に入院される方が来ました。

退院するその分、入院される方もいるというわけですが…。
この病院はそのサイクルが非常に早い。

4610424625_0188e955db.jpg
Photo credit:不速之客 / jennifer-kecl

ここに勤めて10ヶ月。
もうこの環境になれてきました。
人間は同じことを何度も繰返し経験していくと、どんな事にもなれていくのです。

「慣れ」というものに怖さを感じてしまいます。

以前は人間の死というものに対して、みじかには感じていませんでした。

ここではそれこそ毎日の様に、お迎えの連絡が入ります。
ここは他の病院や施設から、最期まで楽に過ごせる様にと最終的に移される病院なのです。



宇宙仙人クリエさんがお話します。

 
 -クリエ-



一つ真実がある。
どうあがいても死ぬ奴は死ぬんじゃ。

これも”運命”なんじゃ。
こんなセリフは実際にその事実を見て来た人間にしか言えぬのう。

よくよく胆に銘じてくれ。


///////////


午前中に入退院の移動があり、午後(いま)は病院のホールでピアノと合唱の演奏会が行なわれています。
週3回の癒しの時間です。

入院患者さんのための演奏会で、各病棟からベッドごと下りてきて観に来ています。
もちろんご家族の方も一緒に観ています。

ここはホールの隣なので、自然と音楽が聞こえてきます。
非常に癒されます。

生の演奏はCDやBGMと違って、やはり良いですね。
もちろん演奏者は全員、病院職員の方です。

3363425223_64658089fc.jpg
Photo credit:guardian of time / alicepopkorn

病院全体に歌が流れていきます。
午前中のあわただしい出来事が忘れ去られ、心の真から落ち着きが還ってくる感じがします。



2月19日

日が変わりました。

昨日、入れ代わる様に入院された方が、今日退院されて行きました。
入院されて15時間くらいでしょうか…。

この様なパターンも、ここでは少なくないのです。



クリエさんがお話した、

 「死ぬ人は死ぬ。
 それは運命なのだ。」


それは逆に、生きる人は生きると考える事ができると思います。

以前、寿命は自分で決めて来ているとお話しました。
この回の人生の大半を生まれる前に自分で決めてきている。

ただし、イレギュラー的に見えない存在たちによって変更される場合もある。



私が思っている様に、

現在この世に生を受けて、自分が決めてきた様に出来事が起きて起こされていると仮定した場合。
どうなんだろう、クリエさんの言った「運命」というものに当てはまるのだろうか。

ここで、チョット運命について考えてみたいと思います。

そもそも運命とはなんだろう。
いろんな考え方があると思います。

「人生または運命は自分で切り開く」
よく言いますが、はたして運命を変えることが出来るのか。

それとも逆に、運命とは自分がもって生まれて来たものであり、自分で変えることなど絶対にできない。
そういうものでしょうか。

それこそ重たいしこりとして前世からもってきた「カルマ」的、おもりでしょうか。

 

運命に似た様な言葉ですが、宿命というものもあります。
運命と宿命は似た言葉なので、同じように考える人がいるかも知れませんが、意味は全く違います。

宿命とは決定されて生まれて来たことであり、自分がどうあがいても変えることが出来ない。
変えようと思ってもかなわないことです。

389134108_a6a32082cf.jpg
Photo credit:Do you believe in Destiny ? / adoglovecat

たとえば、

どの星に生まれるのか。
男に生まれるのか、女に生まれるのか。
生まれた時、体に障害があるのか。
どんな両親に生まれたいのか。
など…。

すでに決められた事で、いまの自分では絶対的に変えようがない事実です。

スピリチュアル的に考えれば、それこそ生まれる前に高次元の人たちとのやりとりのもと決めた転生契約。
決めたレールの上に乗っかって、そのプログラム通り進む基本とも言えるもの。

その中にはおそらく、前世からの課題や宿題なども組み込まれているのでしょう。
生まれる前の自分が決めていたプログラムです。

 記事:前世について深く考える

それとは別に運命というもの。
これは生まれてからエゴ意識が芽生え、様々な分岐点を選択し人生の道を歩む。

学校、友達、恋愛、就職、結婚、…。
そこから来る様々な分岐点。
いやでも迫られる選択などです。

右へ行くのか、左へ進むべきなのか。
それとも逃げて後退するのか。

人に相談したとしても、最終的に決定・決断するのは、あくまでも自分自身です。

要するに自分に決定権がある、選択の自由というものです。

 記事:現実は自分が造ったものです

自分で選び、自分次第でいくらでも変えることが出来る。
そしてその先にある、まだ見えぬ一つ一つの答えや結果は、ある意味、運命ではないのか。

 「あの時が運命の始まりだったのか。」
 「あの出会いが運命だったのね。」
 …。

11013898885_bf3bae0f08.jpg
Photo credit:destiny / sophiadphotography

ただ言えることは、

どう決断したって、どの道に進んだって、その先にはものすごい体験が待っているということ。
なぜなら、体験するためにこの世に来たのですから。

様々な出会いの中には宿命的、運命的なそれこそ「遠い約束の人」は必ずいるのです。

 

2月20日

また日が変わりました。
運命とか宿命とか、非常に難しいことに手を出してしまい、昨日はそのまま寝てしまった。(汗)

クリエさんがお話した、

 「死ぬ人は死ぬ。
 それは運命なのだ。」

たとえば、

明日の18時に大地震が起き上空からの落下物によって死ぬ。
それは運命・宿命それとも寿命?

単に落下物の下にたまたま居たための、不幸な災難にあっただけ?

明日の21時に脳卒中によって死ぬ、と生まれる前に自分で決めてきた場合。
それは運命、宿命、寿命?

それとも寿命とは、あくまでも寿命であり82歳で死ぬと決めてきた場合、運命やカルマなどに関係なく82歳で死ぬ。
…。

あるいは寿命とは、まったく突発的な出来事であり、いつ死ぬか分からないこと。
…。


あなたは、どう思いますか。
私は寿命は自分で決めてきていると思っています。

なので、突発的な事故であれ病気であれ、それが起きた時が自分が決めた寿命だと思う。
ちゃんとした答えではないかも知れませんが…。

それは、いつなのか分かりません。

4204261438_16fc52e91c.jpg
Photo credit:20120415 Tokoname 9 / bonguri

分かりませんが、その時まで精一杯体験を楽しむ。
それが、ここにいる理由だと思っています。

なので、考え方です。
楽しんでも、悩んでも、人に与えられた一日は一日であり、一時間は一時間なのです。

 

続きは次回に

※記事中の<Kさん>のお話、あるいは書物などの転載内容は、ほんの一部分です。
興味のある方、詳しく知りたい方は、FUJI日本のホームページをおすすめ致します。


--------------------

「不安・恐怖」により、ついつい悩んでしまいエゴに左右されていた自分を「想念観察・感謝瞑想」によって不安・恐怖が存在できない「いま」に集中できる事を教えていただいた○○様、そして「FUJI日本」のグループ並びに、ご担当者様に深く感謝いたします。

想念観察を広めるグループ!FUJI日本



一人でも多くこの記事を知ってほしいので、よろしくお願い致します。
いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク


よく読まれている記事

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 天と創造の法則 罪と罰ではないのです!
また一人退院されていきました。先生と看護師さん、お世話した方たちがお見送りに参列します。私は、裏方の立場なので、かげで見送りました。病院のお話に、よく「霊が出る」と聞きます。しかし、この病院にはそのようなお話は全くありません。なぜなら、ここは◯◯◯◯病棟があるからです。患者のみなさんは…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 輪廻転生とは その意味を知る!
以前からご紹介している、マイヤ氏が宇宙人セムヤーゼに教えられた、第一段階から四九段階まである人間の進化段階のお話です。もしかしたら、あなたは今回で500回生まれ変わったのかも知れない。私は、700回かも知れません。これとは別に、仏教には六道輪廻という世界があります。天界、人間、修羅、畜…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 金星の現在位置の謎
575.5年の公転周期によって破壊者は何度もこの太陽系に近づき様々な影響を与えた。前回お話した金星についても、破壊者が来るたびその軌道を変えられていたのです。しかしセムヤーゼのお話では、金星は3583年前に破壊者が現れなくても確実にゆっくりと地球に近づいたと言って…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg ハイヤーセルフからのメッセージ
信じてくれる人だけ信じてもらえたら良いです。 私の不思議ファイルです。チョット長いですが、お付き合い下さい。4月8日のブログにしるし(道しるべ)を付けました。その時に「合点があったらお話します」と言いました。実は昨日、その意味がはっきり分かったのです。それは何なのか、お話した…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 死んだらどうなるの? どこ行くの?
基本的に私たちが死んだら、俗にあの世という霊界に行きますよね。これは誰でも分かっていることです。私は行ったことがありませんが、テレビでも良く特集してます。私が色んな人からお話を聞いて、まとめた霊界をチョットお話したいと思います。でも、真実かどうかは分かりませんし、妄想も少し入ってい…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 3人目の宇宙人セムヤーゼ
あなたはこのお話、信じられますか?−セムヤーゼとの出会い−宇宙人アスコットの予言通り、1975年にマイヤは3人目の宇宙人と出会う事になります。1月28日その日マイヤはテレパシーで誘われるかのように外へ飛び出し、車で1時間も離れた場所でUFOと遭遇した。UFOは急降下を始め、音も振動もなく…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 驚愕の真実です! 宇宙人とのコンタクト1
あなたは信じられるでしょうか。宇宙には、私たちの住んでいる太陽系と同じような太陽系が沢山あるということ。そして、その中で私たちと同じ形、要するに人間型(ヒューマノイド型)の知的生命体も数多く存在しているということ。太陽系の事が良く分からない方の為に簡単に説明します。太陽系とは:私たちが…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 天照大神 様 プレアデスの影響 衝撃です!!
天照大神 様のメッセージを読んで、なぜ地球人とプレアデス人が密接な関係があるのか、またどうしてプレアデス人がそこまで地球を見守り続けているのか、謎が解け始めてきました。天照大神 様が仰います。-天照大神- (あまてらすおおみかみ)この地球の本来の価値に付いて話そう。何故地球という…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg 2015 次元上昇の症状とは、そのサインはあるの?
明けましておめでとうございます。昨年4月から始めたこのブログ。文章も下手くそで、同じ様な記事を何度も書いているような気がします。はたして、来ていただいた方にちゃんと、分かってもらえているんだろうか。私のお話を、すべてではなくとも、ある程度心に残ってもらえているんだろうか。などと気になって…

2909389597_4a3d6edda1_t.jpg ビックリです! 宇宙の仕組みです
はじめに、ブログを読まれている皆さんに一部、真実ではないことを伝えていました。何かと申しますと、記事:次元上昇のカギ、それは「愛」ですで、お話ししたこの一言です。「個人的な考えですが、私としてはアセンション、次元上昇に関しては宇宙の人が直接手をくだしたり、手助けをしたりはしないと思いま…
Photo credit:emotions / spiritual_marketplace

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。